2000/5/15 「総義歯のページ」に寄せられました  (掲載の了解を頂いて再掲します-参考までに)
 ユナさんの「痛みとの戦い」  

 初めまして ユナといいます。こんなBBSがあったのですね。
つらい体験がどなたかのご参考になればと思います。
45歳になったばかりですが 私の上顎は「総義歯」です。
ここまでくるのに いろいろなものを失いました。
10年前に治療済みの前歯が痛く 根管治療をしても直らず抜歯しました。
2週間後に奥歯が痛み出し 治療をしても治らず 仕事も痛さで行けず
やむをえず抜歯でした。すると1週間後にまた別の歯が・・・・
結局7年間あちこちの大学に通いつづけ、カイロやハリなどあらゆる
治療を続け、薬を飲みつづけ、仕事も続けられず。
地獄の日々でした。上顎が総義歯になり痛みが落ちつきました。

だって歯がないんだもんね(^_^;)



 すると今度は 1年後に下の治療済みの歯が痛みました。
[健康]という雑誌で「心療歯科がある東*医*歯科*学、心と虫歯を
両面から治療していく」の記事をみました。
初診で2時間近く話しを聞いて頂き、心理面に効くという漢方を
2週間分もらい、1ヶ月で痛みはとれました。
痛みの原因は心理的なものでした。
「抜いたあと別の歯が痛くなった。また同じことが繰り返されたら恐い」
という情報が脳にインプットされ、削除できなくなってしまった。
これがすべてです。もっと早くここに来ていれば・・・。

心理面からくる歯の痛みがあるということが理解できていれば。
「強烈な歯の痛みが来る時と来ない時がある。心の問題でこんなに痛いはずはない」
という私の訴えに先生は答えました。


「来る時と来ない時がある。だからこそ心因性なんですよ」
生活は多少不便です。仕事場で気もつかう。身体も疲れやすくなりました。
しかし痛みで苦しむよりはずっといい!!
原因不明の歯痛で苦しんでいるかた。心理面からということもあるんですよ。
少し視点を変えることも必要です。



P.S.

カウンセリングの中で 次のような指摘もありました。

誤解を恐れず書かせてもらいます。

カウンセリングの中での もうひとつの原因。

主人の母と同居してます。このような図式も含まれていたそうです。

歯が痛んで仕事に支障がでる→仕事をやめて家にいる→義母とうまく

いかない→義母と別居→私が一番のぞんでること

別居したい気持ちと歯の痛さがからみあい複雑な痛みになってしまったそうです

(あくまで 先生の図式です)



ウ〜ン 複雑すぎて説明きいてもよくわかんなかったです。

   不


投稿原稿のまま掲載しました。
原因不明の苦痛にお悩みの方の参考にしていただければ幸いです。
管理者追記 / この後 数回この話題についてメールを頂きました。
実生活での生活スタイルの変更などで、回復されたそうです。
その中で夏樹静子さんの「椅子が恐い」という本の紹介がありました。
管理者も色々悩まれている方に
心因性の鬱/さまざまな病態を起こしている鬱症状/の方にお薦めして
とても感謝されています。
歯痛はう蝕による痛みはともかく、ソウでない
仮面歯痛の場合は気をつけないと、ますます痛み地獄に陥ることがあります。
この投稿文や「椅子が恐い」の文面から 何かのきっかけが
鬱 脱却のスイッチになることを期待します。
実際 身近な友人で喘息に長年悩んでいた人が、極端に改善されたと
喜ばれました。心理面と喘息発作の因果関係は素人のボクには
解りませんが、事実全国各地の病院を訪ねていたソノ方が感謝しているので
意識改革のスイッチの役目を果たしたのだと想像しています。
鬱の渦中にある人になかなか理解できないのが大半だと思います。
有名芸能人の方々が、鬱体験からの復帰を体験談として語る様子を
テレビなどで拝見し、現実起こりうるんだと実感しています。
様々な心的悩みをお持ちの方が、標記の本を読まれることお薦めします。
総義歯のページトップに戻る 心を癒す園芸のページ
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO